Menu +

Search Posts

新型ウイルス、排せつ物からの感染示す兆候 下痢の患者ら見逃し?

新型コロナウイルスに感染した患者に腹部症状と軟便の症状が見られたとする論文が米医学誌に発表され、科学者らが7日、下痢が同ウイルスの2次感染を引き起こしている可能性があると明らかにした。新型コロナウイルスの主な感染経路はせき・くしゃみなどによる飛沫(ひまつ)感染とみられているが、早期に症例を調査した研究者らは、呼吸器症状のある患者に重点を置き、消化管に異常のある患者を見落としていた可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です