Menu +

Search Posts

日本の俳優

日本の俳優、渡辺謙はアメリカのハリウッド映画や舞台で活躍する数少ない日本人だ。2003年に公開されたアメリカ映画「ラストサムライ」ではトム・クルーズが演じるネイサン・オールグレン大尉に武士道を伝える侍、勝元を演じ、ゴールデングローブ賞助演男優賞、ならびにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。いずれも授賞を逃したが、その後、クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」やアメリカン・コミックの「バットマン」を原作とした「バットマン ビギンズ」などに出演し、その演技力が認められハリウッドで高い評価を得た。今では華やか世界に住む彼だが、過去には急性骨髄性白血病を発症し、俳優としての再起どころか生命の危機に瀕した。つらく長い闘病を経て、治療を続けながらも俳優を続け、現在のハリウッド俳優としての地位と、病気への勝利を手にした。そんな彼は間違いなく「サムライ」なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です